TOEICでは英文読解力を付けておく

大学受験などでは必ず出題されたのが英語の長文問題です。英語力を求める大学などはその他の大学の何倍もの英文量の問題があるとされています。英語を読む感覚だととても対応することはできません。日本語を読むように理解していかないとついていけない量になります。普段がから多くの英文に接するようにしておけば読むことができるようになります。習慣づけるのは難しいかもしれません。TOEICでは英文読解の問題が出題されます。そのために読解力は必須になります。長いタイプの文章と少し短めの文章での出題があります。これらをきちんと読めないと解くことができないので、内容が把握できるように勉強をしておきます。勉強方法は公式問題集などを使うと慣れることができそうです。むやみに英文を勉強するより、公式問題集などの出題に合った文を読んだ方が勉強効果が得られやすいです。

TOEICのリスニング対策は聞く訓練が必要

大学のセンター試験でも英語のリスニング試験が定番になっています。事前に機器が配布されその機器から流れてくる英語を聞き取って答えを解いていきます。もちろん英語を聞き取ることができなければ問題を解くことはできません。日本人は日本語での生活が一般的です。日常的に英語を聞くことはほとんどありませんから、いきなり英語を聞いたとしても聞き取ることができません。TOEICではリスニング試験があります。対策をするためには聞くための訓練を行う必要があります。よく言われるのはテレビの英語放送、ラジオ放送などを利用することでしょう。しかしテレビの英語放送などは通常に近いので初めてリスニングをしようとするにはかなり速いとされています。聞き取れなければ意味がありません。ゆっくり目の英語から少しずつ聞き取れるようにしていきます

TOEIC対策で連結や消失音を知っておく

日本語でもある言葉とある言葉がつながるときに特殊な言い方になる場合があります。本来であればきちんと話さないといけないのでしょうが、長年のルールの中で連結したり消失したりすることがあります。これは他の言葉でも同じことです。実際に表記をするとついている言葉でも、連結して発生したり、発音しないようなこともあります。それを知らないと間違っているように聞こえます。TOEIC対策ではリスニングの勉強をすることになります。英語には連結、消失音が比較的多くなります。ノックなどでは頭にKが入っていたりしますがこの部分は発音しないのはよく知られていることです。その他最後にあるTが発音されないこともよくあります。よく知っている単語であればわかりますが知らない単語では対応が難しくなります。パターンを知ることで対応できる場合があります。

TOEICの得点をアップし、ビジネスで通用する本物の英語力を培うという目的で追求・開発した学習法が成果を上げるイングリッシュスクールです。 TOICEの受験・試験対策で有名な当社の強みは、900点超えのための確かな学力がつくことにあります。 長期でお申込みの方には最大10万円OFF! TOEIC受験対策ならこちらに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

エラー: si-captcha.phpプラグインによると、PHPにGD image supportが見当たりません!

PHPにGD image supportが有効になっていない理由については、サーバ管理者にお問合せください。

エラー: si-captcha.phpプラグインによると、PHPにimagepng機能が見当たりません!

PHPにimagepng機能が有効になっていない理由については、サーバ管理者にお問合せください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)